商談の流れ(法人)

商談の流れ

Step1 お問い合わせ
まずは、お電話(0120-01-6066)、またはメールフォームよりお問い合わせください。
Step2 面談

お客様のご都合のいい日に合わせて面談させて戴きます。事前にお知らせする資料をお持ち戴き、貴社の現状や業務量の確認、その他のヒアリングをさせて戴きます。

お見積もりは概ね皆様にその場で行います。但し、業務量が多い場合や、複雑な場合は、2日以内にお見積もり金額をご連絡します。

ご相談に際しては、他社と違い、御財務内容のヒアリング結果を、概算決算書を作成して、当事務所の財務分析ソフトに掛けます。するとインスタントに、御社の近未来の「予算決算書」の分析結果の図解がアウトプットされます(無料)。それを解説して決算・申告の予測値(利益水準、税額等)の事前相談をします。そのご納得数値を基に決算申告の代行をします。

備考:ご紹介先を通じて当事務所を既にご信頼戴ける場合には、お客様のご都合で、面談を省略しできます。その場合は、Step4(料金の前払い)から、契約を進めさせて戴きます。

Step3 受託
お見積もりにご納得を戴けたら、正式にご書面契約(受託)させていただきます。なお、当事務所では契約以外の費用は一切発生しません。
Step4 料金のお支払
ご提示させて戴いた料金は、必ず前払制です(作業が直ぐ開始するため返金はご容赦下さい)。 お支払いは現金又は振込み(振込料はお客様負担)でお願いします。

◎お振込先  
三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店 普通 4461693
口座名義 堂上税理士事務所 堂上孝生
(ドウガミゼイリシジムショドウガミタカオ)
みずほ銀行 銀座支店 普通 1297921
口座名義 堂上孝生
(ドウガミ タカオ)
弊社の電話番号:03-5548-6007

Step5 業務開始
ご入金の確認ができ次第、契約書に従い作業を開始させていただきます。
Step6 決算書の作成
決算書を作成しメール送信します。同時に届ける業界比較・構成比・納税額等の情報を基に内容をご確認下さい。問題なければ申告書を作成します(決算承認書面を戴きます)。
Step7 申告書の作成
申告書を作成しメール送信します。納税額明細書等も一緒にお送りしますのでご承認下さい(委任状を戴きます)。
Step8 申告書の提出
当事務所が国税庁・県市民税の役所と繋いで電子申告(e-tax)します。(電子申告の承認書を戴きます)。
Step9 税金の納付

納税が発生する場合、納税額を記入した納付用紙を郵送しますので、申告期限までに納付下さい。原則として、納付書を使って金融機関窓口(銀行・郵便局)で納付します。

なお当事務所では個人の納税振り替え(確定申告・消費税の振替日が約1ヶ月後になる)のはがき作成(無料)や、ネットバンキングによる納付(振込手数料が安い)の指導をしています。詳しくは、別途ご案内します。

Step10 決算書・申告書の控えの交付

決算書・申告書などの控えは、当事務所が税務署収受印に代えて、送信番号を確認の後、送信スタンプを押印して、お客様にご郵送します。

時に、(1)キャッシュフロー計算書(資金繰り表等)、(2)同業他社との比較表、(3)財務分析表(説明付き)、(4)前期比較表(第2期以降)、(5)事業計画(経営計画)の基礎記入表をご郵送します。

Step11 総勘定元帳の交付
会計ソフトご利用の方には必要ありませんが、エクセルの方にも「総勘定元帳」をお送りします。保存が法令で義務付けられています(7年間。会計ソフトの電子保管は10年)。大切に保管してください。

以上で決算業務完了です。なお、税金を納め過ぎてしまった場合は、1年以内に限り修正が可能です(「更正の請求」と言います)。申告後に誤りなどが発覚した場合は、お早めにご相談ください。当事務所による誤謬についきましては、無料で修正に応じます。

法人向けサービス -サービス・費用について-
商談の流れ
よくある質問
個人事業主向けサービス -サービス・費用について-
商談の流れ
個人の確定申告のお得な情報
よくある質問
決算の知識
会計ソフト
お問い合わせはこちら(営業時間 8:00~19:30)
フリーダイヤル 0120-01-6066 / FAX:03-5548-6008
お問い合わせEメールはこちらをクリックして下さい